無題

一度どっかにやってしまったCDなんかを買いあさっている。再度。 これで何度目だろう。同じCDを買うのは。そう思いながらそっちに向かう。 今年は手放すなんて言ってたけど、どうも生まれ持っての性質でそれは無理なのかな。 子供が駄菓子を買いにいくような…

Hey ! Freaks !

日本人の正常な音楽感覚って一体なんだろう。 そう考えたときに真っ先に浮かんだのが、オリコン、ゴールデンタイムに演る 音楽番組。が浮かんだ。 これはある種の消毒と称した汚染な気がしないでもないが、それが真っ先に浮かんだのだ。 同時に自分にとって…

捨ててつくる

昨年、ほとんどものを買わないで手放すことに集中していました。 しかし、みぎ横の棚にはぎっしりつまったレコード。逆の棚には漫画と本がつまっている。 好きな音楽や本とかがたくさんあるのは結構なのですが、一年を通してそれ全部をみたりきいたりするこ…

sect

ぼくはどちらかといえば左翼よりの人間だ。 きっかけはわが闘争を読んでからか、高校ん時ね。 でも、本当の本当のことは人に会うときは演技をしないとダメで。 例えば、今日はこの人と会うからちょっと、極左発言を多めにすれば盛り上がるな。 とか、考えて…

テルミーモア

年末の暮れに旧友に会う。熱海で。 一方的に話して一方的に疲れて候。 筋をまとめてその通りに話して組み立てていく力がない。 なぜならぼくは談志のような芸人ではないからね。 最近よくテレビをみる。なんだか、とりつかれたように。 物事の本質がもしかし…

透明のすいみん

(浮遊している感覚、青白い四月の空のイメージ。) 最初は黙りこくりながらスコップで小石をかき集めていた。 …私がこの炭坑で働き始めたのは二日前だ。今日で三日目になるわけだけど。 毎日、石をスコップでかき集め、出すという作業を八時間やっている。 …

記録

台風の過ぎた後の綺麗な夕焼けが窓から見えた。 青空に赤ワインをこぼして、太陽の代わりに目玉焼きをのせたような空。 アスピリンの存在を知らずに育ったせいで、それを知った時、手放す事が難しかった。寝床から起き上がると、二錠の薬を飲み込んだ。喉に…

ある日の話し4 終わり

外に出ると風が突き刺さるような、寒さだった。痛風に悩まされる人間の気持ちがわかった気がした。 その日は工場で8時間の仕事をした。誰もが怠そうに働いていた。しかしここではどうやってもサボれなかった。 レールは1年に数回故障するくらいだったが、そ…

ある日のはなし3

「気がついた?」椅子の後ろ側からリルの声がした。「なんでこんな事を?」私は強く訴えかけた。幸いにも目と口の自由は奪われていなかった。 「いいから、私の言う通りにして。今からルームにいる現実へ行くべきあなたをここへ連れてくるわ。本来、人間は生…

ある日のはなし2

冷気を帯びた空気を感じながら、 階段を下るとアスファルトの地面が迎えた。 先ほど聴いていたシャンソンの音楽のせいからか、どうも白いアスファルトからは、 天国の香りがして仕様が無かった。 寒気がした。 薄手の黒いコート、ワラビーを履いていた。 頬…

ある日の話し

この前は酔っていてあまり印象に無かったのだが、よく見ると目鼻立ちのはっきりした女だった。 「入っていい?」と女は尋ねた。 「もちろんさ、構わないよ。」と返し、僕は女を招き入れ、扉の鍵を閉めた。 「ところで、君誰?」と僕は聞いた。 女はぎょっと…

無題

こなした雑事から。 mさんへの手紙、図書館に行って安井かずみさんの本、ロレンスを借りて読む。 安井さんのはなんとなくビートルズって感じだった。 やっぱりいづみさんに敵わないなぁ! ぶくの本も借りて読む。相変わらず汚い言語ですがバロウズよりも面白…

グリーングラス

やはり何事も適度ってことが重要だと思う。 睡眠、食事、休憩、仕事…。 じゃあそろそろ人生も潮時ですか?なんてクソみたいなじじいが今いました。 最近また鈴木いづみさんの本を読み返してる。 1970年代という時代を体現した彼女の半自伝的小説。 彼女…

方位に関して何かと敏感な毎日。 スピリチュアルカウンセラーなどといった職業も確立されている。 私は方位に関して人並みに反応はする。 それは、眠る時の方角であったり、財布は黄色が良いといったことである。 みなさんはいかがですか? 最近本で読んだの…

きみそれは唐突すぎやしないかい

所用を終えて頭がすっきりした後に、拙宅の近所で交通事故。 なんやらギャラリーも集まる。救急車なんかも出動しています。 しかし、関係ないのでここらへんにしておこう。 本日ついにあるゲームのような自分の課題から解放された。 無事に99階まで登りき…

圧迫感がありますね。

躁状態の時には話すスピードや会話の語彙力があがって、反対の状態の時には全く話ができない。もともと無口な人間だけど、それに拍車がかかるなんてのもザラ。 だいたいにおいて会話が苦手なのかもしれない。1日に人と話す限界量みたいなのがあって、それが…

きぬがさ

秋も深めいています、なぜか昔好きだった音楽が夢の中で流れてきて なんとなく不安になっていました。 思えば、大人になれば、ある程度の心にある蟠りや、 翳りがなくなるんだろうと漠然と考えていましたが、 それはいまになっても消えることなく、 物質を持…

過去の歯、あっそう!

今から7年前、(もうそんなに!?)歯についてよく考えていた時期があった。 僕の歯は黄色い。それは、もう中学生の頃からで諸々思い当たる節があるのだけど、 一番の原因は喫煙。 これは歯医者の人に聞いたから確実だ。 しかし、今更自力でどうにかなるの…

つらるるら

とても間が空きました。 またやりなおしていこうと思う。でも、最近、パソコン? パソコンの調子が悪いんだ。 なにか楽しみを見つける。 それが今の私にとって大事なのです。

あなた自身のゾンビ像

朝起きて寝間着のまま、活字を読んでいると。 外から子供の声が聞こえる。「ここひろーい」などと。 よそ行きに着替えて玄関に行くと、近所に住んでる子がクッキーをもって立っていた。 この子はいつも店に来てくれる女の子。 それでこれあげる。バレンタイ…

ひとときの安心は勝ち取るのではなく手放す事。 今日は朝起きれたけど、用事には寝坊してしまった。 朝起きることはとても気持ちがよい。 なんせ太陽の光があるから。 私のアルファベッドは二つとも白。 少しもくすんでいない真っ白。 と言う事で真っ白な目…

波とアナタ

私は過去にアナタの眼差し見た アナタは先に行きたがっているって事 反発するって事もまた、人生だけど きみはどの波に乗りたい? 俺は昨日告げた。そう、それはまるで全てを許すように。 私は君の失態を攻める気はない アナタがどこへ行きたがっているかな…

春の見え隠れ

毎年の事ですが、春には桜が咲きます。 誰かの本で読んだんだけど、桜には精神高揚の効能があるらしいです。 花見の習慣も其れが根本原因らしいです。 そして効果と引き換えに所謂「五月病」なるものがあるらしいです。 全て実験はしてないですけどそうらし…

なしに決まっている

最近、「欺瞞の快楽」についてよく考えている。 これは機械人形をはじめとするオートマタや、 芸術家の作製する全く実用性の無い作品が主だ。 私はこの手の「何も無い荒野」を目の当たりにすると、快楽を得られるのです。 それは少しく後ろめたい気もしない…

スカリーズに捧ぐ

何となく、常に気分が落ち込んでいる。 人と会う際には、いつも演技をしているような気分である。 そして消極的である。悩んでいた。 医者に薬をすすめられるが、悪循環だと解ったので徐々にやめた。 それから、いまはセラピーに通っている。月一で。 異変の…

どこへいって

驚く程、 感情のない生活をしている私は何か新しいことに挑戦してみようとおもった。 出来れば、それは楽しそうで健康で文化的である事を望む。 そんなこんなで、何か始めようとか思う訳だけど、仲間がいない。 僕には友人と呼べる人間がどうもいないらしい…

海が見えたら眠くなる

朝4時起床。 セラピーにいくにあたっての心構え。 それから身なりを整える。 富士山の日から会話。 座禅、メトロノーム、こだわりすぎない、とらわれすぎない、かたよりすぎない。 マントラ。私は良い人間ですありがとうございました。 ノートに不満を描く。…

雑な日記

4時頃起床、南風で目が覚めた。今は8時30頃。 今日はセラピーだ。なんなく良くなることを祈りながらアーメン。 読んでいない本がたくさんたまっているのでそれに費やすことにしよう。 ゲームはそろそろ飽きてきました。 山に登るマラソンランナーを観ました…

people get ready

People get ready, there's a train comin'You don't need no baggage, you just get on boardAll you need is faith to hear the diesels hummin'You don't need no ticket you just thank the lord みんな、仕度はいいかい。列車が来るよ。荷物はいらない…

古本に縁があります。もうすぐ29歳です。

10時に起床。 それから、先週もらった遺品整理のチラシが目についた。 この前バーで相席した人にもらったものだ。 今日で終わりだったので、車で向かった。 山田一則さんという方が無くなって1年と10ヶ月が経過するらしい。 「泉の館」へ到着すると、コレク…