読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なしに決まっている

最近、「欺瞞の快楽」についてよく考えている。

これは機械人形をはじめとするオートマタや、

芸術家の作製する全く実用性の無い作品が主だ。

私はこの手の「何も無い荒野」を目の当たりにすると、快楽を得られるのです。

それは少しく後ろめたい気もしないでもないが、

そこにかなりの重要性があるのだと思う。

漫画や小説、音楽なんかでも私の領域で「良い」と思うものも、

至ってこの「欺瞞の快楽」がこぞって、見え隠れする。

 

昔は好きだった「秘宝館」なんかもそれに値していたのだが、

「欺瞞の快楽」と言う点では、違っているように思えた。

なぜならば、それが「如何にも」な感じがしてしまうからであろう。

 

では、なにが私の現在進行形の「欺瞞の快楽」なのか、

今はそれについての答えを探しています。

 

ではまた。