読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春の見え隠れ

毎年の事ですが、春には桜が咲きます。

誰かの本で読んだんだけど、桜には精神高揚の効能があるらしいです。

花見の習慣も其れが根本原因らしいです。

そして効果と引き換えに所謂「五月病」なるものがあるらしいです。

全て実験はしてないですけどそうらしいです。

それからスギや黄砂、これも何かあるかもしれないですね。

 

昔、バンドを組んでいました。

それは私がただ単に威張って、暴れて、イライラを解消させるだけの存在でした。

それでも何かを表現したくて、頑張って曲なぞを作っていました。

バンドは結局、私の手で葬られました。

ふざけすぎる私に対して、メンバーに見切りをつけられたのです。

今思えば、私はこの時に多くのモノを無くしてしまった気がしてなりません。

けれど、私は今になって昔の歌を唄うのです。そして、少し悲しくなるのです。

その時の自分の「最高の歌」が、今では「何も感じない歌」になってしまったからです。皆さんにも今思い出すと青臭かったと思う瞬間は、さぞあるでしょう。

私はこれからの自分を思うと、絶望的であるのかなとか考えますが、

明日を精一杯生きる事にこれからは賭けてみようと思います。

 

切に望む事、それはオーティスレディングの曲を聴いて涙する皆様がありますように。

 

春はもうすぐ死を忍ばして私の肺に入ってきます。