読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみそれは唐突すぎやしないかい

所用を終えて頭がすっきりした後に、拙宅の近所で交通事故。

なんやらギャラリーも集まる。救急車なんかも出動しています。

しかし、関係ないのでここらへんにしておこう。

本日ついにあるゲームのような自分の課題から解放された。

無事に99階まで登りきったのだ。

まるで強迫観念に捉われたように、ずっとそれに没頭していた。

そういえば最近痩せたな。今日はたくさん食べましたが。

 

ヘミングウェイが人に会えば文学の話しかできないように、

僕も会話の偏りがとてもひどい。しかも突発的である。

メールなんかのキャッチボールも相手が困って返事が滞ってしまう。

 

会話の流れ的なものがこの年になってもわからないのだ。

しかし、それを考えていると押し黙っている陰気なにいちゃん。

 

もともと陰気なのだからさらに陰気になってもうあだ名が「冥王」なんかついてしまうだろう。それにしても交通事故からヘミングウェイ、自分が陰気な話。

 

あぁなんて暗い話題なんだ。もっと楽しい話をしよう。よし。

今日は中古のCDショップに行って5点売って6900円になった。

帰りにコウモリの巣食う水辺を歩いていると、蛇がでてきて私に話しかけた。

「きみの肩になにかが乗っている。」と蛇。

「なんすか?」と私。

「私の祖先だ」と蛇。

「じゃあ供養お願いします」と私。

「わかった少し待っていなさい」と蛇は言い残し川下へ流れていきました。

それからしばらくすると、川を遡ってやってきて「待った?」。

「じゃあいまから供養を始める」といい、

私の肩をパーンと叩いた。

それから音頭のようなものを歌い始めると

こうもり、蛇、羊が集まってきて踊り出した。

私は戦慄した。

一通り歌い終わると「待った?供養できたから肩軽いでしょ?」

そう言い残し蛇は去っていった。

 

話なげぇ!