読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏と表のある人間

僕にとっての人間というのは消耗品でしかないのかもしれない、

そんな内容の夢を見て悪寒。何がひつようかって?

そんなことは考える時柄ではない。私は軍隊だ。ただ一人の。

で、炭酸水が私の脳内を駆け巡った。青色を止めないで。

リンゴ色ひとつ、ヴィレッジに対しての憎悪。

だから誰も相手にしないのだろう。

はっきり決めよう。ヒッピーとヤッピー。

全員、銭に負けた、

自然食のギャルと共に愛を求めて肉を喰らう。

棚田に野宿するおまえを見た。

あぁ、ありがとうただ感謝。そしてさようなら。

君の泣きたい笑顔をみたいだけであった。