読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中みた線路とか

仕事が終わってから余力がああるうちはなるべく外に出る。

なんとなく、そのまま仕事を家に持ち帰るの(気持ちの問題)が嫌だから。ワンクッション置きたいのである。

今日も終わって、外に出た。

地方都市、夜中の徘徊。

てか、悪いやつがいたら矯正してやろうという名の元のパトロール。

しかしまぁ、水商売関係の人間以外に出歩いているやつなんていない!

かといって真昼間に出歩いても知ってる顔なんていない!

冷めた感じで帰宅。んでぶどう酒片手にバディリッチのレコ。

知らぬまに左肘を切ってる。別に気にならないしデトックス。

 

夜中の間はしっかり休むことができる

僕が運ぶものはただ一つ、それは電車と言われている

硬直した体の上を電車が走ると、ひどく心地がいい

多い時には一時間に四回も電車が通る

石に振動を伝えることだってある

僕を地面に打ち付けた人間は、どこへいったのだろう

それは昨日かもしれないし、百年前かもしれない

僕は彼と話してから、随分話しかけられていない

僕の思想はいつからか混乱してしまった