読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研究

「日常生活のプライドにこだわっていてはいけないな。」

肩の力を落として深呼吸なんかをしている。

意識とか無意識とか結構考えてたけど、

人間無意識の瞬間が多くて、そっちのがうまくいく場合もある。

けど、それをしすぎると何もかもが中途半端になってしまう。

目的地ってのは必要なんだってさ。

バランスかい?

 

過剰にならないように、ひとつずつ潰していくしかないのでしょう。。

 

閑話休題

 

音楽はチャックベリーをなんとなくかけてみる。

普段はあまり聴かないぶんうまくきけている。

あとはノーザンソウルでしょう。

 

 

www.youtube.com

 

 

(以下抜粋)

ノーザン・ソウルとは、
60年代後半頃にイギリスの北部、
マンチェスター周辺のクラブで好まれていたソウルのこと。

時期的にはロンドンで起こったモッズ・ムーヴメントが
ピークを迎えブームとして終わりつつあった1966年以降の事。

レアなソウル・ナンバーでクラブで踊るというようなモッズ文化が、
そのまま北部に継承されたような感じがノーザン・ソウルにはあります。

ちなみに、R&Bダンス・サウンドがより洗練しスマートになった、
モータウン・レーベルやカーティス・メイフィールドの拠点が
デトロイトやシカゴといったアメリカ北部にあることから、
これらもまたノーザン・ソウルと呼ばれる事もあるらしい。

アメリカ南部のサザン・ソウルというのもあったりする。

イギリスで呼ばれるノーザン・ソウルというものには、
アメリカ北部、南部のレーベルはこだわらずに
ノーザン・ソウルとされるようですが、
このノーザン・ソウルというものが
イギリス北部のクラブDJが好んだソウル・ナンバーという
個人的なセンスによることから
どういうサウンドがノーザン・ソウルか?という定義は曖昧です。

ノーザン・ソウルで共通するのは、
クラブで躍るためのグルーヴを持つ
レアな7インチ・シングルを中心としたダンス・ナンバー。

ノーザン・ソウルDJ達は競って希少でクールなシングル曲を探し出し、
客を唸らせるコトに情熱を注いだらしい。

レアで客にウケるダンス・ナンバーは
ノーザン・ソウルDJにとっては企業秘密。
それらのレア曲を他のDJに真似されないよう、
誰のなんという曲なのかも、極力、隠すようにしていたとか。