読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過去の歯、あっそう!

今から7年前、(もうそんなに!?)歯についてよく考えていた時期があった。

僕の歯は黄色い。それは、もう中学生の頃からで諸々思い当たる節があるのだけど、

一番の原因は喫煙。

これは歯医者の人に聞いたから確実だ。

しかし、今更自力でどうにかなるのかな。なんて考えながら床につく。

それは昨日の話。

 

例えば自分のパートナーの歯は白いに越した事にない。

それは人間としてそうなのかもしれない。

しかし、僕の思い描く役者たちはどこか影があり、何かを隠している。

その雰囲気を醸し出すひとつのアイテムとして、黄色い歯なんて考え方もあるのではない。

と、思ったけどただ清潔感にかけた粗暴なやつともとれる。

おそらく見ず知らずの人間に対してはきっと、そう思うであろう。

人間だれしも欠陥があるのだから、黄色い歯も含めて認めてあげようじゃないか。

友達が極端に少ない僕の潔癖。

 

人間の見栄ってやつに敏感な僕は気にしないようにしていたら、

たまたま黄色くなっちゃいました。

 

だんだん寒くなってきた。喉の調子が悪い。誰かに会って話してみたい。